6月19日の花と花言葉

6月19日の花は薔薇(ばら)、西洋紫陽花(ハイドランジア) 、イキシア、紫露草(むらさきつゆくさ)などがあります。

 

薔薇(ばら)

 

薔薇(ばら)の花言葉は愛

 

西洋紫陽花(ハイドランジア)

 

西洋紫陽花(ハイドランジア) の花言葉は辛抱強い愛情

 

イキシア

 

イキシアの花言葉は団結

 

紫露草(むらさきつゆくさ)

 

紫露草(むらさきつゆくさ)の花言葉はさびしい思い出

 

6月生まれの赤ちゃんの本―誕生前から満1歳までの成長とケア (誕生月別赤ちゃんの本シリーズ)

735円

6月生まれの赤ちゃんの本―誕生前から満1歳までの成長とケア (誕生月別赤ちゃんの本シリーズ)

1円

Zeusが読み解く 誕生日のヒミツ 2009年版 6月生まれ

578円

夏生まれ赤ちゃんの出産準備BOOK―6月・7月・8月 (主婦の友生活シリーズ)

1円

六月六日生まれの天使

1950円

六月六日生まれの天使 (文春文庫)

740円

 

6月19日は何の日?

桜桃忌

1948年、6月13日に心中した作家・太宰治の遺体が19日に発見された。
19日は太宰の誕生日でもあることから、6月19日は「桜桃忌」と呼ばれるようになる。

 

太宰治の出身地である青森県金木町では、生誕90周年の1999年からは
「生誕祭」に名称変更

 

元号の日

645(大化元)年、蘇我氏を倒した中大兄皇子が日本初の元号「大化」を定めたのを記念して

 

ベースボール記念日

現行のルールの基礎となるA.カートライト編集の野球規則による最初の野球の試合が行われたのを記念して

 

京都府開庁の日

1985年に京都府が制定

 

理化学研究所創設の日

1917年、理化学研究所(理研)が東京都文京区本駒込に設立された

 

朗読の日

日本朗読文化協会が制定
6⇒ろう 19⇒どく の語呂合わせ

 

 

毎月19日はトークの日

 

毎月19日は熟カレーの日

6月19日に起きた出来事

645年 日本初の元号大化を制定
1587年 豊臣秀吉がキリシタン禁令を出す
1787年 松平定信が老中となり寛政の改革に着手
1858年 下田奉行とハリス総領事が日米修好通商条約に調印
1944年 マリアナ沖海戦、日本軍は大惨敗
し空母・戦闘機の大半を失う
1945年 沖縄の日本軍が玉砕
1946年 GHQが後楽園球場を接収
1948年 太宰治と山崎富栄の心中遺体が玉川上水で発見される
1960年 新日米安保条約が成立
1961年 クウェートが独立
1964年 太平洋横断海底ケーブルが完成
1970年 関釜フェリーが就航
1985年 「投資ジャーナル」の中江滋樹らが詐欺罪で逮捕
2000年 ナスダック・ジャパン(ヘラクレスに改称)が取引開始

花言葉はどうして何種類もあるの?

お誕生日に贈りたい誕生石シリーズ【日比谷花壇】

誕生花が1日1つではないように、花言葉も何種類もあります。

どうして1つではないんだろうと不思議に思っていましたが、花言葉の由来というのは、その花を見てどう感じたかで花言葉が決まったようです。

そのため、地域や伝説や小説などから引用したもの、また、世界各国の花言葉があるので調べてみると何種類も出てくるというわけです。

 

ドラマ「風のガーデン」で出てきた花言葉も、今は亡き緒形拳さん演ずる貞三先生がインスピレーションで決めた花言葉でしたよね。

そもそもは、倉本先生が考えたものなんですが。

 

風のガーデンでは、チューリップの花言葉は『皇后陛下の衣装箱』でした。

 

さまざまな花の色を持つチューリップならではの花言葉ですよね。

ページの先頭へ戻る